2008年11月27日

人間と犬の救急事情

つい先日、こんな出来事がありました。

仕事が終わって帰宅し、PCのメールチェックをしていると
突然みぞおちのあたりに異変を感じました。

何の前触れも無く鋭い痛みが。

「これは胃だな…」と思いながら、ワンコたちの世話お父ちゃんに任せ
ベッドに横になりました。

いつもなら少し安静にしていると、痛みも治まってくるのですが
いつまでたっても良くなりません。

市販の胃腸薬を飲みましたが、一向に治まる気配なし。

次の日の仕事に差し障るので、何とか眠ろうとするのですが
痛みはどんどんひどくなるばまり。

胃液はあがってくるし、胃の痛みって本当につらいものですね。

そして夜中の2時すぎ。

あまりの痛みに耐えかねて、夜間救急を行っている総合病院で
診てもらう事にしました。

受付を済ませ待合室で待っていると、看護師さんが出てきました。
夜遅いので仕方が無いのですが、ちょっと不機嫌そう…。

そして「できれば電話してから来て下さいね」との言葉。

あまり夜間でかかったことが無かったので知らなかったのですが
電話してから行くのが常識なのかな?

「検査も何も出来ないので、処置だけになりますが良いですか?」との事。

こちらとしてはせめて眠れるようにさえなれば嬉しいので。

そしていかにも仮眠から目覚めたばかりという先生に、
診察をしてもらいました。

処置だけという事で、触診のみ。

何だか申し訳無かったな…。

薬をもらい、
「ひどくなるようだったら別の大きい病院に行ってくださいね。」
という言葉を背に受け帰宅しました。

幸い薬を飲むと嘘のように痛みが消え、ぐっすりと眠る事ができました。

一体何が原因だったのかはわかりませんが
あれ以来、痛みは再び襲ってはきませんでした。










そして次の日。









今度はあずきに異変が。

夜中に急に激しい下痢と嘔吐。

お腹が痛むのか、うずくまってブルブルと震えています。

急いでかかりつけの病院に連絡。

すると「すぐに連れてきてください!」との言葉。

痛みに震えるあずきを毛布に包み、病院へ向かいました。

看護師さんと先生がちゃんとスタンバイして下さっています。

便の検査と触診をして頂いたところ、異物を飲み込んでいる
様子はないようでした。

以前も何度か同じ症状を起こした事があるのですが
腸内の常在細菌である「ガホウ菌」が異常繁殖したようです。

この菌は量が多くなると、腸に悪さをするそうです。

薬を飲ませてもまた嘔吐してしまうかもしれないので
点滴をして頂きました。




PIC_0330.jpg



薬をもらい、帰宅。

点滴のおかげで、症状は少し治まってきたようでした。











最近は医師不足といわれていますが、
何となくそれを身をもって体験してしまった感じ。



そしてワンコの方が救急も充実しているんですよね。



飼い主としては安心なのですが、
ちょっぴり複雑な気持ちになった出来事でした。





PIC_0247.jpg





そしてお休みだった今日。






PIC_0259.jpg






あずきも私もすっかり回復。






PIC_0319.jpg







PICm_0311.jpg







PIC_0316.jpg






すごい寝相ですねえ…。






PIC_0300.jpg










PIC_0317.jpg









PIC_03v23.jpg






ホットカーペットの上で、ぬくぬくおねんねです。







ランキング、参加しています。

どうかご協力の程を…


クリックしてください手(チョキ)


下

下

下


にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ

にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ

ニックネーム べべりん at 22:46| Comment(12) | TrackBack(0) | お医者さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えぇふらふら電話して行くとか知らないですよふらふら
私も随分前ですが腹痛で救急に行きましたが妊娠してるかも?って
鎮痛剤も打ってくれないんですよバッド(下向き矢印)してないって
言ってるのにダッシュ(走り出すさま)そうこうしてたら痛みが治まって
時間外の内金みたいなのを余分に払わされ後日清算みたいなー(長音記号1)
二度と救急なんか行くもんかと思いましたねどんっ(衝撃)
あずきちゃんの病院の方が対応良かったんですねグッド(上向き矢印)
やっぱり掛かりつけは必要ですよねー(長音記号1)
冬場なんでさしあたって用事がないのでお散歩しながら
紹介してもらった病院も含め検討したいと思っています。
あずきちゃん心配ですが善くなってきたようで
ホッとしましたダッシュ(走り出すさま)favio君は何故か腸が強くて
下痢ってうちにきた頃以来ないんですよねー(長音記号1)
リバースはよくあるのですが…犬は結構吐くって
ことで犬(泣)至って健康体なfavio君です犬(笑)
あずきちゃん、べべりんさんお大事に…
Posted by たまま at 2008年11月28日 08:47
ベベりんさん大丈夫ですか?
胃が痛いのつらいですよね。
おだいじに。
でも夜間病院に駆けつけてその事務的な態度
はらたちますよね。
あずきちゃんも大変でしたね。
動物病院の方が親切なんですね。
ほんと複雑!
ベベりんさん あずきちゃんおだいじに(*^_^*)
Posted by フジコママ at 2008年11月28日 09:06
べべりんさんもあずきちゃんも
お腹痛くなっちゃってたのね。。。顔(汗)

夜間救急って相当どうしようもない時しか
行かないのに、不機嫌な対応されちゃっても
なんだか居心地悪いよね〜たらーっ(汗)
オイラも電話してから行くようにしよ。。。顔(チラッ)

ワンコの先生のほうが一般的に
親切な人が多い気がするね〜揺れるハート

無事に回復してよかったぁグッド(上向き矢印)るんるん
それにしてもすんごい寝像だわ顔(イヒヒ)
Posted by みーたん at 2008年11月28日 18:50
かわいいたままさま

ご心配頂いてありがとうございます。
あずき共々すっかり回復しましたGood
でもあずきはともかく、私の胃痛は何だったんだろ…。
ま、治ったからいいか顔(イヒヒ)

そうですよね。
電話してから行くなんて、知らないですよね。
そんなに回数行くものでもないし。
でも電話してたらきっと、断られていたような気がします。
そうするとやっぱり連絡無しで行くべきか?
う〜ん…こんなことで何で悩まなくちゃいけないんだろ…。

favioくんは胃腸が丈夫なんですね。
何でもおいしく食べられるし、とっても幸せだ!!顔(笑)
あずきは年に数回これにやられます。
予防法が無いのがとてもつらいところです顔(泣)
Posted by べべりん at 2008年11月28日 21:37
かわいいフジコママさま

ご心配頂いて、ありがとうございます。
おかげですっかり回復致しました。
日頃から胃腸は強いほうなので、たまにこんなことがあると
余計に痛く感じちゃうのかも…顔(汗)

最近では人間より動物の方が、手厚い医療を受けられるんだな…
と痛感しました。
これでは安心して病気にもなれませんね。
Posted by べべりん at 2008年11月28日 21:40
かわいいみーたんさま

すごい寝相でしょう?
きっとお腹が痛かったときの記憶なんて
すっかり無くなってるんだろうな…。
幸せな寝顔です顔(笑)

そうなんですよ…。
医者不足も身近に迫っているのかな?なんて
少し恐怖を感じました。
本当につらいと思うときしか行かないのに。

おかげさまであずき共々回復し、元気いっぱいです。
ご心配おかけしました顔(笑)
Posted by べべりん at 2008年11月28日 21:45
べべりんさんもあずきちゃんも、大丈夫でしたか?
でも、ちゃんと回復されたようで、良かったです。
具合が悪いと、健康のありがたさが身にしみますね。
夜間救急は行ったことがないのですが、
そんな不機嫌そうな対応は感じ悪いですね。
電話してから行くものなのでしょうか?
医師不足と言われていますが、他人事ではないですね。
それに比べ、獣医さんの丁寧な対応。
感じ良いですね。
うちも、ここのところクロの件で、
獣医さんにはお世話になりっぱなしですが、
いつも丁寧に対応していただいて感謝しています。

あずきちゃんの安心しきった幸せそうな寝顔と寝相(笑)。
こんな様子を見ると、飼い主もほのぼのした気持になりますよね。
うちも癒されまくっていますよ(笑)。

寒くなってきましたから、
体調をくずされませんよう、お気をつけくださいm(_ _)m。


Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月29日 11:37
似たような経験あります〜〜、もうやだ〜(悲しい顔)
胃けいれんでは、ないでしょうか?
胃袋をぎゅ〜〜って、つかまれたような感じの痛みだったと思います。横になっても、まったく治まらなかったんですよ。
半日ぐらい寝てて、治まらなかったので、病院に駆け込みました。診察を待つ間に・・・・治まっちゃったんですよね〜〜あせあせ(飛び散る汗)
さて、困った・・・・顔(汗)
「あの、胃がね、痛かったんですよ〜〜、ほんとに、すご〜〜く痛かったんです、さっきまで・・・」
ということで、お医者さんも
「一応、点滴しておきますね〜」
と、痛くなかったけど、点滴してもらって、帰りました。点滴で治まるみたいですよ〜〜。一度、治まると痛かったのがうそみたいに、けろってしてましたよ。

あずきちゃんまで・・・
飼い主思いで、同じようになっちゃったのかも・・・・
わんこも点滴なんですねわーい(嬉しい顔)
よかったですね。落ち着いて。

犬のお医者さんは、あまってるっていうほど、いらっしゃるみたいですが・・・
人間のお医者さんは、不足してるなんて、変な話ですよね・・・




Posted by もるぽぽ at 2008年11月29日 17:00
飼い主さんと飼い犬ちゃんの気持ちって同じなのかな?きっと誰かの悪い気を代わりに二人が背負ったのでは?でも、早く回復してよかったですね。
あずきちゃんの寝相で幸せっぷりが伺えます。緊急の時は誰でも慌てるし、常識的なことさえもふっとんじゃったりするよね。でも大事にならずによかったです。
Posted by naopi at 2008年11月29日 19:46
かわいい火の玉小僧さま

ありがとうございます。
おかげさまですっかり回復しました。
何とか仕事も休まずに行けたし顔(イヒヒ)
今回はすぐに回復したから良かったものの、
重症だったら怖いです。
歩いてすぐの病院なのですが、結構規模の大きな所で
入院設備もあります。
そんな所でさえこんな具合ですから、一体どうしたらいいのでしょう…。もうやだ〜(悲しい顔)

あずきの病院の先生には本当に感謝です。
夜中とはいえ、一生懸命治療に当たってくださいました。
言葉の話せないワンコの事。
少しでも早く苦しみを取り除いてあげたいですもんね。

火の玉小僧さんのかかっていらっしゃる獣医さんも
素晴らしいお医者様ですね。
時間外でも快く診て下さるなんて。
いつも混雑している理由がわかるような気がします。

慌しい季節になってきましたが、お互い健康には
気をつけましょうね!!

Posted by べべりん at 2008年11月29日 21:58
かわいいもるぽぽさま

なるほど!!
胃痙攣ですね!
私の症状もまさにそんな感じでした!
幸い?病院にいる間は痛かったのですが(笑
帰宅して薬を飲んだら、今まで痛かったのが嘘のようでした。
胃が痛いくらいで夜間救急にかかってたまるか!
という気持ちでしたが、あまりの痛さにギブアップしてしまいました。
どんなに痛くてもやはり「人ごと」としか思われないんだな…
とつくづく感じました。
Posted by べべりん at 2008年11月29日 22:07
かわいいnaopiさま

ありがとうございます!!
一時はどうなることか…と思ったほど痛かったです。
今まであまり経験が無いだけに、辛かったふらふら

いっそのこと、調子の悪い時は獣医さんにかかろうかな?
と思ってしまったくらいでした顔(イヒヒ)
あずきもくるみも幸せ者だ!
Posted by べべりん at 2008年11月29日 22:11
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1585581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック