2007年08月02日

怒涛の夏休みVol.2(後半)

怒涛というより怒りですね。

注意)今回は愚痴ばかりになってしまいました。
   「愚痴はちょっと…」とおっしゃられる方は
   スルーしてやって下さいませ
   

かねてからの予定通り、午後からは千葉の先っちょ
銚子の犬吠岬へと向かいました。

すいらんを出てから海の方向に進み
九十九里浜をドライブ。
海水浴場がたくさんあったので渋滞してるのかな?
と思ったら、意外にスイスイ。
まだ梅雨が明けていなかったので、きっとこれからにぎわうんでしょうね。

銚子を選んだのはあずきとくるみに海を見せたかったんです。

そしてとっても素敵なホテルを見つけていたので
1ヶ月以上も前から、2泊予約をしていました。

昨年末にオープンしたばかりの新しいホテル。
HPを見るとアジアンスタイルの調度品が素敵でした。
そしてプライベートビーチにドッグラン。
もちろん食事は銚子の海の幸!!
そしてとってもリーズナブルだったのです。
1泊2食で1人\8980。
ワンコは\2500でちょっと高かったのですが
まあ、それでも安いかな?と思いました。


さあ、思いきりリゾート気分満喫だあ!


さあ、思い切りリゾート・・・・・


んん?

何やら嫌な予感が…

確か昨年末にオープンしたばかりの新しいホテルのはずでは?
これはどう見たって改装でしょう。
外壁に前のホテルの名前をはずした跡がくっきり残ってるよ。

しかもチェックインは3時からOKのはず。
しかし今は4時。
入り口が開いていないってどういう事?

仕方が無いので外にいた従業員のおばさんに、開けてもらいました。
まあ、とりあえずは入れて良かったわ。

そしてチェックイン。

あれ?何だかフロントの人、変じゃない?

何とダラっとしたTシャツと短パン姿。おまけに無精ひげまで…。
お客を迎えるって態度が全然感じられなかった。

1階のロビーは確かにバリのイメージでとっても素敵でした。
しかし2階から上は和風旅館。
客室は和室とわかっていたので、ある程度覚悟はしていましたが
あまりのギャップにちょっとびっくり。
8畳の和室でしたが、トイレもバスも無くガッカリ…。
窓からは海が1望でき、とてもいい眺めだったのですが
窓ガラスがものすごく汚くて、景色もかすんでしまっています。
もしかして1度も掃除をしたことがないのでは?

まあ、プライベートビーチもあるしドッグランもあるから
我慢するか…

そしてしばらく部屋でゆっくりした後、早速プライベートビーチなるものへ。


・・・・・・・・・・・・・

見事に裏切られました。

あの…これってプライベートビーチっていうのでしょうか?
ただの海水浴場にしか見えないんですけど…

さびれた海の家が1軒と、まばらな海水浴客。

まあ、いいや。
結構きれいな海だし、あんまり人がいなさすぎるのも寂しい。
何だか「日本の海」って感じでいいじゃない?
と割り切ることにしました。

そして宿に帰り、夕食前のお風呂。
きっとビールがうまいだろうね!

やはり何となく予感はしていたんだけど、
お世辞にも清潔とは言えませんでした。
脱衣所は全然掃除がなされていない!
床が砂とほこりだらけ。
お風呂もぬるかったし、あまりさっぱりできませんでした。


そして今日1番の怒り!

何よりも一番楽しみにしていたもの、
それは「食事」です。

銚子の海で捕れた海の幸を使った、漁師の家庭料理じゃなかったの?
HPにも「いわしのつみれ汁」とかその他もろもろおいしそうな料理が
たくさん載っていたのに!

バイキングスタイルはいいとして、「鶏のから揚げ」とか「マカロニサラダ」
「野菜炒め」など3〜4種類のみ。
残りも少なく冷め切っていました。
ものすごくがっかりしました。
仕方が無いので大きなお皿にから揚げを1つと他のおかずを少々…
具の無い味噌汁とご飯だけ。

何だか怒りを通り越して悲しくなってしまいました。
従業員の方に言うと、お刺身と天ぷらを持ってきてくれましたが
一度食欲を無くしたものは、もう戻りませんでした。
ほんの少し口にしただけで、部屋に戻りました。
そういえば他のお客さんも、みながっかりしてたなあ。
中には怒ってしまって、食べない人もいたほど。

そしてドッグランもただのコンクリート床の屋上でした。
あれはドッグランではありません…

確かにとってもリーズナブルでしたが、値段以下のサービスだったと思います。
というより、サービスというものは存在しませんでした。

あまりのひどさに明日も泊まるのはちょっと…と思い、
お父ちゃんと話し合った結果、もう一泊はキャンセルをすることにしました。
ひどいことに部屋に内線電話も無く、携帯からロビーへ電話しました。
(フリーダイヤルですが)
まあ、お父ちゃんがせめてお金を払っている分今晩だけはゆっくりしたい
との事で、苦情は言わないことに。
というより苦情を言っても仕方がないくらいにヒドイ!ということで。
(私はちょっと不満でしたが…)

それにあのお風呂はもう入りたく無い…。

こちらの都合ではあるので、キャンセル料はしっかり取られました。
くやしかったのですが、もうこれ以上ここにいるのは耐えられません。

翌朝早くに起きて、朝ごはんも食べずにチェックアウトをしました。
「ありがとうございました」の1言もありませんでした。

まあいいや。もう2度と来ないから。

というわけで海でリゾートは見事に裏切られてしまいました。



海はとっても綺麗だったので、写真には収めました。

PIC_0306.jpg

PIC_0307.jpg

プライベート?ビーチ。

PIC_0313.jpg

いや〜ん。怖い…

PIC_0312.jpg

みいちゃんも、イヤでちゅ…



ワンコたちには海は不評だったようです。
水が怖いので結果はわかっていたような気がしますが…

PIC_0318.jpg

あずきは砂だらけ

PIC_0319.jpg

あずきはイヤイヤながらも、いいお顔をしてくれましたが

PIC_0322.jpg

くるみは不機嫌でした。




そして1日予定を早く切り上げ、家路につきました。

でも、ここで終わってしまっては、あまりに悲しい夏休み。
リベンジを誓ったのでした。


今回は愚痴ばかりになってしまい、申し訳ありません。
少々の事なら我慢できるのですが、今回はちょっと…
こんな事をしたのは初めてだったもので…

ニックネーム べべりん at 22:04| Comment(14) | TrackBack(0) | お泊り旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする